焼き鳥・串焼きの串打ちの外注に関するご相談はおまかせ!

焼き鳥・串焼き串打ちテイクアウト・中食商品のご提案

テイクアウト・中食で焼き鳥を出すならお任せ!

スーパーやデパ地下などで焼き鳥や串焼きをお惣菜として提供していきたいというお客さまは多いのですが、焼き鳥は焼きのノウハウがないとなかなか商売として成功しません。
でも、『焼き鳥・串焼き串打ち.COM』では、テイクアウト・中食で焼き鳥を美味しく出すようなご提案ができますので心配いりませんよ!

焼き鳥のテイクアウトで商売を成功に導きますよ。

【焼き鳥テイクアウト・中食のノウハウをお伝えします】
私たちは、焼き鳥・串焼きの串打ちはもとより、多くの繁盛店・成功店に精通しています。そのため、外食産業はもちろん、テイクアウト・中食のお客様からも悩みのご相談をいただきます。デパ地下をはじめ、高価格帯の焼き鳥のテイクアウト・中食業態を付加するサポートもしてまいりました。
ここでは、焼き鳥・串焼き 串打ちのプロとして、テイクアウト・中食業態を新たにご検討の方はもとより、既にテイクアウト・中食に携われてる方にも役立つように、培ってきた串打ちのノウハウの一部を公開いたします。売り切れる焼き鳥のテイクアウト法を伝授!

串画像


【持ち帰ってからも美味しい焼き鳥に!】
テイクアウト・中食が外食と最も異なる点は、提供したものをお客様がその場でお召し上がりにならない・・・ということです。そのため、第一に対策すべきは、食中毒を予防するための温度対策です。これは、焼きの時間のコントロール以上に、焼いた後の温度管理が重要で、35~40℃近辺の滞留時間を最小限に減らすことが大切です。
そのため、焼き上げてから粗熱をしっかりと取って並べるようにしてください。

串画像


【焼き方の提案もバッチリ対応】
次に取り組むべきが、持ち帰ってお客さまが召し上がる際に固くなってしまっている等の食味への対策です。これは、焼きの問題となりますが、テイクアウト・中食業態の場合は、テナントで入っているスーパーの中で、炭などの加熱方法では煙の影響が気になる等の問題もあり、自分の好きな焼き方をできないという制約を受けやすいようです。
そうした場合、外食では用いられることの少ない、スチームコンベクションオーブンを活用されることも少なくありません。

串画像


【売れるお持ち帰り商品作りをサポート】
調理において配慮するべきは、『焼き上がりまでの時間×蒸気量×温風の温度』の方程式によって決定します。この点を十分に加味し、冷めてもおいしい、柔らかいとお客様に感じていただけるよう通常よりも水分量を多めに仕上げることが大切です。
また、調味に関しても、テイクアウト・中食業態の場合、店ごとの個性以上にエリアごとのニーズを把握することが重要です。エリアごとに好みの異なる醤油の種類や塩分濃度の違いも加味、利用する鶏の種類応じたタレ・調味料を選ぶことが肝要です。

串画像

焼き鳥・串焼きのテイクアウト・中食業態を お考えの際はご相談ください!
私たちは、このように、焼き鳥・串焼き 串打ちのプロとして、焼き鳥・串焼きのテイクアウト・中食業態作りに関する屈指の知識・実績を有しています。そして、多くの方が、ノウハウが未熟であるが故に、失敗しがちなポイントにも熟知しています。
『うちの場合は大丈夫かな?』と感じられた方は、一度ご相談ください。皆様の店の実態やお悩み事に対して、焼き鳥・串焼き 串打ちのプロとして、テイクアウト・中食業態作りをサポートいたします。


焼き鳥・串焼き 串打ちのプロがひっそりお伝えする!美味しい焼き鳥・串焼きを提供するための鮮度管理の重要性を公開!

焼き鳥・串焼き 串打ちのプロがここだけで教える!美味しい焼き鳥・串焼きを提供するためのメニュー作りや商品開発のポイント限定を公開!

焼き鳥・串焼き 串打ちのプロがこっそり教える!焼き鳥・串焼きを扱う上でのタレや調味料についてのノウハウを特別公開!

焼き鳥・串焼き 串打ちのプロがじっくり教える!焼き鳥・串焼きの焼き方や熱源選びに関する秘伝をこっそり公開!

焼き鳥・串焼き 串打ちのプロのノウハウが凝縮!焼き鳥・串焼きにおける串選びと串打ちのツボを公開!

焼き鳥・串焼き 串打ちのプロの金言!焼き鳥・串焼きのテイクアウト・中食商品にチャレンジする際の必携知識を極秘公開!

焼き鳥・串打ち.COMについて
  • ▷運営会社
  • ▷発注から納品までの流れ