焼き鳥・串焼きの串打ちの外注に関するご相談はおまかせ!

焼き鳥の部位にも対応。

今回は、焼き鳥の部位に関していろいろとご紹介をしていきたいと思います。焼き鳥の部位といってもかなりの種類があるので、一つ一つご紹介していきます。

まずは、鶏皮つきモモ串です。これはモモの皮つきで焼き鳥屋さんでは定番の串だと思います。鶏皮のパリッと焼きあがった部位と肉の部位が相まって美味しい人気の焼き鳥メニューです。

そして、次が鶏皮なしモモ串です。鶏皮が苦手で食べられないというお客さまにもバッチリ提供できるように、皮をはがした焼き鳥メニューです。これも焼き鳥屋さんではよく出る人気の部位ですね。

お次は、皮なし鶏もも串です。これも焼き鳥屋に行ったお客さんならほぼ確実に注文する人気の焼き鳥メニューです。これも鶏のモモの部位を使ったメニューです。

お次は、鶏せせり串です。せせりという部位は、鶏の首のむき身であり鶏一羽からほんの少ししか取れない部位なんです。鶏の筋肉の部分の中でもよく動く首の部位なので、とても身が締まっていて美味しいんです。

炭火で焼いたら歯ごたえがあってジューシーな部位ですね。

お次は、鶏テール串です。鶏のテールという部位はぼんじりとも呼ばれる部位ですね。ぼんじりはよく聞く名前じゃないですか!?

テールの部位は尻尾なんです。鶏の尾羽の付け根には丸い尻尾の元があって、尻尾の中には骨も入っているんです。かなりジューシーで、焼き鳥として提供するにはめちゃめちゃ美味しい部位です。ぼんじりの周囲には脂肪の塊が覆っていてほんのわずかしか取れない部位なんです。

お次は、手羽いかだ串です。これは誰でも聞いたことがある手羽先の部位です。手羽元という鶏の羽の付け根に対して、手羽先はその次の関節までの部位になるんです。

手羽先はコラーゲンが多く、歯ごたえもあって人気の焼き鳥メニューだと思います。

お次は、ヤゲン串です。ヤゲンという部位は胸骨の先端の柔らかい部位になります。その中でもやげん(薬研)と呼ばれるなんこつは、下の写真ような形をしています。

軟骨には小骨軟骨や胸軟骨やひざ軟骨などがありますが、一括りに軟骨と呼ばれている部位です。

お次は、鶏ハツ串です。ハツは鶏の心臓の部位になり、ハートやこころとも呼ばれます。ハツという部位の特徴は、歯ごたえがコリコリとしていて食べ応えがある上に内臓部位特有の柔らかさがある部位です。

焼き鳥屋さんではこの部位も定番の部位ですね!

お次は、鶏皮串です。これも焼き鳥屋さんでは人気の部位です。炭火で焼いたらパリパリになって食感もいい美味しい部位です。これは下茹でしていい感じに下処理をした後に焼くのがベストです。

お次は、鶏砂肝串です。砂肝は鶏の胃袋の部位です。コリコリとした食感がやみつきになる焼き鳥の部位で、多くのお客さんに好まれていると思います。

焼き鳥屋さんでは必ずと言っていいほどよく見かける部位です。

お次は、焼き鳥でも希少な部位と言える白レバー串です。おそらく普通の焼き鳥屋さんに行っても目にかかることのない珍しい部位なんです。

白レバーはフォアグラのようなレアさで、レバー臭さが少ない鶏の脂肪肝の部位なんです。取れる量が少なくて希少な部位なので焼き鳥屋さんでは限定メニューなどで使われるケースが多いんです。

この部位は他の焼き鳥屋さんとの差別化につながるということで、取り扱いたいというお問合せをよくいただきますね。

以上、今回は焼き鳥の部位に関しての情報配信でしたぁ~。

『焼き鳥串打ち.COM』では、焼き鳥屋さんのニーズにご対応して、どんな焼き鳥の部位でも串打ちをさせていただいております。最近では、他の焼き鳥屋さんとの差別化を図るために焼き鳥の希少部位を使いたいというご要望も多くなってきました。

やっぱり、希少な部位をメニューとしてお客さまにご提供できれば、口コミでも広がるし「あそこの焼き鳥屋さんは他の焼き鳥屋とは違う!」というイメージも付けることができますからね!

この他にも『焼き鳥串打ち.COM』ではいろいろな焼き鳥の部位の串打ちができるので、お気軽にご相談くださいね!


焼き鳥・串打ち.COMについて
  • ▷運営会社
  • ▷発注から納品までの流れ