焼き鳥・串焼きの串打ちの外注に関するご相談はおまかせ!

焼き鳥串打ち機より手打ちの串打ちがいい。

焼き鳥屋を経営されているオーナー様から、店舗展開をしてチェーン店化をしていく時に、セントラルキッチンを作ってそこで焼き鳥串打ち機を購入して、串打ちをしようと思うのですがどうでしょうか?という語質問をいただきます。

そこで、私たち『焼き鳥串打ち.COM』では、まずセントラルキッチンを作るリスクをお伝えしています。なぜならもし、焼き鳥の串打ちを業者に委託すればわざわざセントラルキッチンの建築必要がなくなるからです。

確かに、焼き鳥の串打ちをするためのセントラルキッチンを建築して、焼き鳥串打ち機を置いて自社生産にすることでメリットも多くあるかもしれません。そこで、焼き鳥のタレや焼き鳥の仕込みに関わる作業をスタッフに任せることもできると思います。

でも、スタッフを雇う人件費、設備投資のコストなどいろいろなコストの負荷がかかってくることも事実です。

だから、私たち『焼き鳥串打ち.COM』にご相談してくださる、焼き鳥屋の経営者さまには「焼き鳥の串打ちを業務委託して、固定費をアップさせないようにしましょう!」とお伝えしております。

焼き鳥屋を経営する上で一番大変になるのは毎月の固定費の増加です。固定費がアップするとそれをカバーできるだけの利益を出さないといけません。

一番最悪なのが、利益を出そう出そうとするあまりに焼き鳥の原価を下げて品質を落としてしまうということです。原価を下げると確かに利益率はアップします。

でも、今日のお客さまの評判を落ちてしまい、「あそこの焼き鳥屋の味は落ちた」とか「あそこの焼き鳥屋は不味い」などという噂になってしまうんです。

高いリスクをとらずに、店舗の運営に集中できるように『焼き鳥串打ち.COM』は焼き鳥屋さんの経営をサポートしているので、もしセントラルキッチンを作って焼き鳥串打ち機を導入しようかなと思った時には、『焼き鳥串打ち.COM』に焼き鳥の串打ちを業務委託していただければと思います。


焼き鳥・串打ち.COMについて
  • ▷運営会社
  • ▷発注から納品までの流れ