焼き鳥・串焼きの串打ちの外注に関するご相談はおまかせ!

オガ炭が激安で仕入れできる。

『焼き鳥串打ち.COM』では、焼き鳥屋の経営者の皆さまをサポートするために、焼き鳥の串打ちだけでなく仕込みの簡略化を図るご提案や焼き鳥屋の売上アップにつながるご提案をさせていただいております。

焼き鳥屋の経営は簡単なように見えてなかなか難しいものです。まず、仕込みの問題、原価率のコント―ル、人件費率の問題などいろいろな部分を知っておかないと焼き鳥屋の経営を成功させることはできません。

今回はいろいろなご提案がある中でも、炭を使って焼き鳥を焼いている店舗へのご提案です。

焼き鳥はガスで焼くよりも炭で焼く方がやはりシズル感を演出しやすく、来店したお客さまへの満足度をアップさせることができやすい要素です。しかも、焼き鳥の場合は自分が焼き場で焼き鳥を炭で焼くので、焼き加減を調整できるのでガスよりも炭が向くという部分もあります。

そこで、今回は業務用オガ炭のご提案です。オガ炭を使っている焼き鳥屋さんはおそらく毎日5キロ~10キロ程度のオガ炭を消費すると思います。

営業時間が長く繁盛している回転率のいい焼き鳥屋さんなどでは10キロ以上のオガ炭を毎日使用するのではないでしょうか。そこで、オガ炭のコストが削減できれば利益率もアップすると思っている焼き鳥屋の経営者は多いと思います。

激安のオガ炭を仕入れることができれば、オガ炭のコストを削減して利益は食材原価などに転換できるので、さらにいい材料を仕入れて美味しい焼き鳥をお客さまにご提供することが可能になります。

繁盛している焼き鳥屋を経営されている店舗は、やっぱりしっかりと食材に原価をかけて美味しい焼き鳥を提供しています。そうすることで、お客さまから「この焼き鳥屋さんは美味しいね」という評判を呼び、集客アップ、リピート率アップにつながるのです。

つまり、コストを削減できる部分があれば食材原価をかけれて繁盛する焼き鳥屋さんが作れるということなんです。だから『焼き鳥串打ち.COM』では、業務用オガ炭を業界最安値で卸しているんです。

な・ん・と、10キロで1,500円というコストです。しかも、送料は無料という恐ろしさ!この価格には驚きではないですか?

これで、オガ炭のコストに悩んでいる焼き鳥屋さんの問題も解決できると思います。

もし、「今の業務用オガ炭を仕入れている炭業者さんのオガ炭の値段が高いなぁ~・・・」とコストに悩んでいたり、「今仕入れているオガ炭の燃焼時間が短くて燃費が悪いなぁ~・・・」と悩んでいる焼き鳥屋さんはお気軽に『焼き鳥串打ち.COM』にお問合せください。

オガ炭のお悩みを解決しますよぉ~!


焼き鳥・串打ち.COMについて
  • ▷運営会社
  • ▷発注から納品までの流れ